みんなのスマホ教室

通信量制限について

各通信キャリアともにスマートフォンでのパケット通信の総量に制限がかかっており、一定期間内に大量に通信を行った場合、通信速度が制限される仕組みになっています。
これがいわゆる「7GB 制限」です。ここでは「7GB 制限とは?」「規制条件」「どれだけ規制が続くのか」「対策はあるのか」「なぜ規制するのか」をご説明します。

 

 

そもそも7GB制限とは?

 

「7GB 制限」とは、その利用月のデータ通信が合計7ギガバイトを超えた際に、通信速度を大幅に規制する仕組みです。

 

ドコモ・au・ソフトバンクでは、LTE 回線で通信できるスマートフォン・タブレットでこのルールを運用しています。
テザリングについてもカウントされますのでPC等を使っての通信には注意が必要です。

 

ただし、au・ソフトバンクの場合、テザリングオプションに加入していると上限は0.5GB追加され合計7.5GB になります。

 

どれくらい遅くなる?

 

送受信の通信速度が最大128kbps に規制されます。単純計算で1MB のページを開くのに1分以上かかる計算になります。
しかも「最大」128kbpsであるため、常時128kbpsが保障される訳ではありません。また、3G 回線に関しても最大 128kbps の規制が行われます。

 

いつまで速度が規制されるのか?

 

各社ともに利用量をオーバーしたその料金月の〆日までが速度制限の対象となります。

 

具体的にはドコモ・au は、その月の末日まで。ソフトバンクの場合は、〆日は毎月10日・20日・末日の3種類があります。
自分がどの締め日に当たるのかは契約書や・請求書、My SoftBankから確認できます。

 

速度規制を解除する方法(有料)

 

締め日を待たずに規制を解除する方法もあります。ただし、いずれも追加料金が発生します。
ドコモは「128kbps通信解除」、auは「エクストラオプション」、ソフトバンクは「通常速度に戻すお申し込み」を申し込みます。
各社ともに2,625円で、追加で2GB までの通信が通常の速度で行えるようになります。

 

au の場合は、1度申し込むと 7GB を超過した際に 2GB の追加容量を自動購入することになります。その 2GB を使い切った際には再度購入します。
ソフトバンクは、au のような形で 2GB の追加容量を自動購入させることもできます。

 

7GB制限の対策

 

その1:自分のデータ通信量を確認する

 

常時データ通信量を確認すれば、使い過ぎを防げます。

 

ドコモ:データ通信量確認方法
au:【LTE】どのくらい通信を行うと通信速度制限の「7GB」に到達しますか。
ソフトバンク:通信速度の状況を確認する方法を教えてください。

 

さらに各社ではデータ通信量の合計が 6GB に達すると上限の 7GB が近いことを知らせる、メールによる通知も行っています。

 

その2:Wifiを積極的に使う

 

Wifiを使った通信はカウントされないので、自宅はもちろん各社が設置しているWifiスポットを積極的に使いましょう。
特に動画の視聴・アプリのダウンロードなど、データ通信量が多くなりやすい作業はWifiで行うようにすると効果的です。

 

通信量制限について記事一覧

iPhone通信量制限

   データ利用量の端末からの確認方法(@Phone版)@『設定』をタップ。A『モバイルデータ通信』をタップ。B『モバイルデータ通信の使用状況』内の『現在の期間』の欄に、前回『統計情報のリセット』を行ってからのデータ利用量が表示されます。ページ下部に利用量の内訳も表示されます。また、ページ最下部から...

≫続きを読む

 

android通信量制限

データ利用量の端末からの確認方法(Android版)@『設定』をタップ。A『その他』→『データ使用』をタップ。B『データ使用サイクル』をタップし、照会したい期間を選択する。『サイクルを変更』を選択すると、起算日を変更出来ます。Cグラフの横軸のバーを左右にスライドさせ、表示する期間を変更する。それぞれ...

≫続きを読む

 

inserted by FC2 system